桂坊枝 プロフィール紹介

1960年8月28日

大阪市旭区高殿(当時 旭区大宮町)生まれ。
クリーニング店を営む両親の長男として誕生

 1983年3月  神戸学院大学 法学部 法律学科 卒業と同時に
故五代目 桂文枝(当時 三代目 桂小文枝)に師事し 桂坊枝 を拝命する
1985年1月 朝日放送落語漫才新人コンクール新人賞受賞
1990年5月

師匠夫妻の媒酌により同大薬学部の同級生で広島県尾道市出身の
妻 真子(しんこ)と結婚

1992年5月     長女 美依子(よいこ)誕生
1998年11月  次女 多福(たふく)誕生
1991年3月     テイジンホールにて初の独演会を開催
  以来 朝日生命ホール 近鉄劇場 大阪府立上方演芸資料館 などで毎年開催
持ちネタ      天王寺詣り 稽古屋 胴乱の幸助 船弁慶 阿弥陀池 火焔太鼓 
がまの油  不動坊 野ざらし 質屋蔵 など
出囃子
 担当番組歴
毎日放送ラジオ「野村啓司のラジオなひととき」
毎日放送ラジオ「日曜出勤生ラジオ」
毎日放送ラジオ「おおきに桂坊枝です」
毎日放送ラジオ「桂坊枝の生活研究所」
毎日放送ラジオ「桂坊枝の駅前生出し大放送」
朝日放送テレビ「晴れ時々たかじん」
毎日放送テレビ「新・たかじんが来るぞ」
文筆活動    公益社団法人 上方落語協会 オフィシャル情報誌「んなあほな」編集長